<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
夜の恐怖。 | macky♪worldにようこそ。
ここは現実の隙間に落っこちてる非現実の世界。夢と現をさまよう独り言を紡いでいます。
<< アーティスト。 | main | カラダの不調とココロの不調と。 >>
スポンサーサイト [2013.08.11] C(0) 続きを読む 

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサーサイト [2013.08.11] 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
夜の恐怖。 [2011.06.16] C(0) 続きを読む 
世の中にはわたしの知らない世界があると、気づいた思春期の頃から妙な恐怖感があったな。
それは夜が多くて、家族がいても、隣に寝てる誰かがいても、
突然、怖くて怖くて、どうにもできなくなる。

家族が生きてることを確かめて、
ここにいるっていうぬくもりを確かめて、
呪文のような祈りをえんえん呟きながら寝たものです。

孤独感?
自分以外の全てが無機質になってしまったという感覚。
信じているものが、全て失われる感覚。
喪失感や虚無感のまじった孤独の渦にのまれる、アレは、異常だった。
思春期マジックなのかな?
今はほとんどないや。


子どもを生んだせいかな?

それもあるかなぁ。



毎日、すごくべったりといつも一緒にいる。
なんてゆーか、魂を、感じる。
自分とは違う何かが、存在してると、ちゃんと感じる。
以前は違ったのかな。
そこまで、魂に触れるほど、ひとと関わってなかったのかもしれない。

お母さんが死んだときも感じた。
死ぬことで、魂をリアルに感じた。

死と生を経験して、明らかに感覚が変わったんだろうなぁ。


もしかしたら、全ては幻想かもしれない。

人間のわたしは空想の産物で、この一生は一瞬の物語なのかもしれない。

孤独の中で生まれた物語。


それでもいっかーと今は思う。

きっと、深いところにある「孤独」の部分が、すこし満たされてるんだろうな。



なんだかんだ、問題だらけでも、彼と一緒にいることも。

愛されてるか、というのは甚だ疑問でも、うまくいってるかどうかもよくわからないけど。

傍にいるっていうことは大きい。
ちゃんと魂を感じるもの。


満千笑のおかげです。



夜が怖くなくなった。
少しは強くなってるのかな。









夜の恐怖。 [2011.06.16] 
世の中にはわたしの知らない世界があると、気づいた思春期の頃から妙な恐怖感があったな。
それは夜が多くて、家族がいても、隣に寝てる誰かがいても、
突然、怖くて怖くて、どうにもできなくなる。

家族が生きてることを確かめて、
ここにいるっていうぬくもりを確かめて、
呪文のような祈りをえんえん呟きながら寝たものです。

孤独感?
自分以外の全てが無機質になってしまったという感覚。
信じているものが、全て失われる感覚。
喪失感や虚無感のまじった孤独の渦にのまれる、アレは、異常だった。
思春期マジックなのかな?
今はほとんどないや。


子どもを生んだせいかな?

それもあるかなぁ。



毎日、すごくべったりといつも一緒にいる。
なんてゆーか、魂を、感じる。
自分とは違う何かが、存在してると、ちゃんと感じる。
以前は違ったのかな。
そこまで、魂に触れるほど、ひとと関わってなかったのかもしれない。

お母さんが死んだときも感じた。
死ぬことで、魂をリアルに感じた。

死と生を経験して、明らかに感覚が変わったんだろうなぁ。


もしかしたら、全ては幻想かもしれない。

人間のわたしは空想の産物で、この一生は一瞬の物語なのかもしれない。

孤独の中で生まれた物語。


それでもいっかーと今は思う。

きっと、深いところにある「孤独」の部分が、すこし満たされてるんだろうな。



なんだかんだ、問題だらけでも、彼と一緒にいることも。

愛されてるか、というのは甚だ疑問でも、うまくいってるかどうかもよくわからないけど。

傍にいるっていうことは大きい。
ちゃんと魂を感じるもの。


満千笑のおかげです。



夜が怖くなくなった。
少しは強くなってるのかな。









| diary | 03:08 | comments(0) | -
スポンサーサイト [2013.08.11] C(0) 続きを読む 
スポンサーサイト [2013.08.11] 
| - | 03:08 | - | -
コメント
コメントする










- Navigation -
qrcode