<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
引っ越した。 | macky♪worldにようこそ。
ここは現実の隙間に落っこちてる非現実の世界。夢と現をさまよう独り言を紡いでいます。
<< 夢から覚める方法。 | main | アーティスト。 >>
スポンサーサイト [2013.08.11] C(0) 続きを読む 

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサーサイト [2013.08.11] 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
引っ越した。 [2011.05.26] C(0) 続きを読む 

引っ越しました。
三鷹市から、練馬区へ。光が丘の近くです。
練馬大根碑がすぐ近くにあります。

引っ越した結果、よかった。大正解だと思う。
すごく気持ちが楽になった。元気になりました。
不思議。住む場所によって、こうも変わるとは。
場所のせいだけではないだろうけれど…。
例えば、1歳半をすぎて、わたしとみちえの生活リズムにお互いが慣れてきたこととか。
出産後の身体、ホルモンのバランスだとかが元に戻ってきたこととか。
寒い季節から、暖かい季節へ移り変わったこととか。
まぁ、きっと、そういったいろいろな要素を含んで、元気になってきたんだと思うけれど。

なんとなく、三鷹市という土地が合わなかったような気がする。
気のせいだろか。
吉祥寺が近くて、井の頭公園が近くて、世田谷区や杉並区が近くて、空気もきれいでいい所だった。
でもなんというか、すぐ近くは都会だけど、それなのにすごく隔たりを感じてた。
島流し、のような(笑)。
歩いて20分の距離なのに、異世界に感じた。
牟礼、という地区は、周囲とはがくんと違う世界のようだった。
8階は、それはそれは眺めもすばらしかったし、富士山も夜景も、空も都会も、とても美しかった。
苦手な虫がはいってくることはないし。
思い出すと、懐かしい。

要するに、とてもとても孤独だったんだろうな。
ちょっとしたことが、疎外感だったり、寂しさを増長させてた。
部屋が広いことも、駅からちょっと歩くことも、なかなか友達ができないことも。

引っ越した部屋はずいぶん狭くなり、前の部屋に合わせた家具はぎゅうぎゅう(邪魔なくらい)。
まぁそれもちょうどよく収まった感じで、悪くはないし。
掃除機をかけるとがつんがつん当たって、くそー狭いなちくしょーって思うけど、
コンセントを変えずにすませられるのが、いい。
1階だから、苦手な虫との戦いがある。
軒が思ってたよりあって冬以外は洗濯物に陽が当たらない(雨にも当たらないのはラッキー)。
まぁでも、気に入ってます。
キッチンがオレンジで、思い切って買ったオレンジのル・クルーゼともよく合ってる。
三鷹では「いつまでここに住めるんだろうか」とおしりがそわそわ浮いてる感じ
(うきうきではなく不安で)
だったけれど、なんとなく、しばらくはここで生活ができそうな、そんな安心感があります。
片付け、収納が苦手だけれど、がんばって、きれいな部屋を目指したいものです…。
思い描いてる理想の「おうち」をつくっていこうと、やっと前向きに動くことができてる。
そんな状態。

あと重要なのはお金。
ずいぶんと実家に助けられてる。
給付金も、あと数ヶ月で終了しちゃうから、働かないと。
みちえがいて、不規則なパパがいて、どんなペースで働くべきかイメージしずらいけれど。。。
家賃の支払いの心配をしなくてすむようになったことも、すごく精神的に楽になった。
毎月、お給料日を迎えるたびに「今月は?」と問いかけるのが、しんどかった。
まるで取り立てのようだし、約束したはずなのに、と落ち込むばかりで。
家賃以外の生活費なら、なんとかできる。
家賃も含めてなんとかできるような経済状況にできたら、本当は理想だけれど、
それじゃ家族3人で暮らしてるというよりパパはヒモではないか…、とそれはそれでいびつだから、
当面はこれでいいかな、と納得して、暮らしてます。

状況は、少しずつ良くなってる。
そう感じます。

わたしは、
いろんな人に助けられつつ、いろんな人のパワーももらいつつ。
振り回したり、傷つけたり、負の影響を与えてしまったり、そんなことばかりのようにも思う。
まだまだ自分のことでせいいっぱいだし、余裕がないし、もっと元気になりたい。
するべきことは、たくさんだ。
ほんとうにたくさん。
考えるべきことも、たくさん。
もう動けないよー、と言いながら、ずりずり這うように移動してる。
たまに引っぱってもらったりしながら。お礼もろくに言えてないのに。
振り返ってみれば、しんどいのは一瞬だ。
なるようにしかならない。
なるようになる。
それは、わたしに子どもがいるからかもしれないけれど。
爆発的な成長に、ついていくのが必死。
でもそのおかげで、ひとつのところにとどまってはいられない。
あぁ、ほんとうに、みちえがいてくれてよかった。
今のわたしにはそれがすべてだし、わたしは充分幸せなんだと、実感させられてる。


がんばらなければ。

愛するひとびとを守れるくらいになるまで、回復したいな。












引っ越した。 [2011.05.26] 

引っ越しました。
三鷹市から、練馬区へ。光が丘の近くです。
練馬大根碑がすぐ近くにあります。

引っ越した結果、よかった。大正解だと思う。
すごく気持ちが楽になった。元気になりました。
不思議。住む場所によって、こうも変わるとは。
場所のせいだけではないだろうけれど…。
例えば、1歳半をすぎて、わたしとみちえの生活リズムにお互いが慣れてきたこととか。
出産後の身体、ホルモンのバランスだとかが元に戻ってきたこととか。
寒い季節から、暖かい季節へ移り変わったこととか。
まぁ、きっと、そういったいろいろな要素を含んで、元気になってきたんだと思うけれど。

なんとなく、三鷹市という土地が合わなかったような気がする。
気のせいだろか。
吉祥寺が近くて、井の頭公園が近くて、世田谷区や杉並区が近くて、空気もきれいでいい所だった。
でもなんというか、すぐ近くは都会だけど、それなのにすごく隔たりを感じてた。
島流し、のような(笑)。
歩いて20分の距離なのに、異世界に感じた。
牟礼、という地区は、周囲とはがくんと違う世界のようだった。
8階は、それはそれは眺めもすばらしかったし、富士山も夜景も、空も都会も、とても美しかった。
苦手な虫がはいってくることはないし。
思い出すと、懐かしい。

要するに、とてもとても孤独だったんだろうな。
ちょっとしたことが、疎外感だったり、寂しさを増長させてた。
部屋が広いことも、駅からちょっと歩くことも、なかなか友達ができないことも。

引っ越した部屋はずいぶん狭くなり、前の部屋に合わせた家具はぎゅうぎゅう(邪魔なくらい)。
まぁそれもちょうどよく収まった感じで、悪くはないし。
掃除機をかけるとがつんがつん当たって、くそー狭いなちくしょーって思うけど、
コンセントを変えずにすませられるのが、いい。
1階だから、苦手な虫との戦いがある。
軒が思ってたよりあって冬以外は洗濯物に陽が当たらない(雨にも当たらないのはラッキー)。
まぁでも、気に入ってます。
キッチンがオレンジで、思い切って買ったオレンジのル・クルーゼともよく合ってる。
三鷹では「いつまでここに住めるんだろうか」とおしりがそわそわ浮いてる感じ
(うきうきではなく不安で)
だったけれど、なんとなく、しばらくはここで生活ができそうな、そんな安心感があります。
片付け、収納が苦手だけれど、がんばって、きれいな部屋を目指したいものです…。
思い描いてる理想の「おうち」をつくっていこうと、やっと前向きに動くことができてる。
そんな状態。

あと重要なのはお金。
ずいぶんと実家に助けられてる。
給付金も、あと数ヶ月で終了しちゃうから、働かないと。
みちえがいて、不規則なパパがいて、どんなペースで働くべきかイメージしずらいけれど。。。
家賃の支払いの心配をしなくてすむようになったことも、すごく精神的に楽になった。
毎月、お給料日を迎えるたびに「今月は?」と問いかけるのが、しんどかった。
まるで取り立てのようだし、約束したはずなのに、と落ち込むばかりで。
家賃以外の生活費なら、なんとかできる。
家賃も含めてなんとかできるような経済状況にできたら、本当は理想だけれど、
それじゃ家族3人で暮らしてるというよりパパはヒモではないか…、とそれはそれでいびつだから、
当面はこれでいいかな、と納得して、暮らしてます。

状況は、少しずつ良くなってる。
そう感じます。

わたしは、
いろんな人に助けられつつ、いろんな人のパワーももらいつつ。
振り回したり、傷つけたり、負の影響を与えてしまったり、そんなことばかりのようにも思う。
まだまだ自分のことでせいいっぱいだし、余裕がないし、もっと元気になりたい。
するべきことは、たくさんだ。
ほんとうにたくさん。
考えるべきことも、たくさん。
もう動けないよー、と言いながら、ずりずり這うように移動してる。
たまに引っぱってもらったりしながら。お礼もろくに言えてないのに。
振り返ってみれば、しんどいのは一瞬だ。
なるようにしかならない。
なるようになる。
それは、わたしに子どもがいるからかもしれないけれど。
爆発的な成長に、ついていくのが必死。
でもそのおかげで、ひとつのところにとどまってはいられない。
あぁ、ほんとうに、みちえがいてくれてよかった。
今のわたしにはそれがすべてだし、わたしは充分幸せなんだと、実感させられてる。


がんばらなければ。

愛するひとびとを守れるくらいになるまで、回復したいな。












| diary | 03:13 | comments(0) | -
スポンサーサイト [2013.08.11] C(0) 続きを読む 
スポンサーサイト [2013.08.11] 
| - | 03:13 | - | -
コメント
コメントする










- Navigation -
qrcode