<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
考える。。。 | macky♪worldにようこそ。
ここは現実の隙間に落っこちてる非現実の世界。夢と現をさまよう独り言を紡いでいます。
<< 2011年。 | main | * something there >>
スポンサーサイト [2013.08.11] C(0) 続きを読む 

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサーサイト [2013.08.11] 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
考える。。。 [2011.03.24] C(2) 続きを読む 

なんだかいろいろと考えてしまう。
想像もしていなかった災害が、日本で起きた。
東京も揺れた。
まるで小学生の時に乗った地震体験車のようだ、なんて思った自分はつくづく阿呆だ。

TVに映し出される映像が、ここから数百キロしか離れていない土地なのだとは、信じがたい。
映画のセットのように、あらゆるものが濁流にのまれていく…。
わたしはテレビを通してみた。
ライブでは、どんなに、どんなに、恐怖だっただろう。
失われたものを、想像することなんてできない。
何が失われたのかを、考えることなんてできない。
悲しむことを受け入れられずに、呆然と立ちつくす人々の姿に、日本中が泣いた。

1日、1日と犠牲者の数がぐんぐんと0を追加させていく頃、強い強い風が吹いた。
それはそれは強く、強い悲しみを伝えるような風が吹いた。
泣けて泣けて、しょうがなかった。
なんで泣いてるの?と聞かれても答えようがなかった。
馬鹿みたいに。泣いたってしょうもないのに。
でも、きっとたくさんの人が同じように泣いている。
心を動かされることなど滅多にないあの人や、海の向こうのあの人も。
かなしみは伝わってる。
空気を、大気を通して。
人はこんな風に、感情を伝え、分け合うことができるんだ。
それは、生きてるからなんだね。
だから、支え合って、だから、生きていられるんだね。
そんな風に思って、ひとり納得し、気持ちを落ち着かせてる。



地震と、津波と、原発事故とで、日本は大大大ダメージだ。
大丈夫?大丈夫なのか?
海水にさらされた田畑、波にさらわれた漁港が復興するのに、どれほどかかるだろうか。
過敏な国民は、放射性物質をおそれて国産の食料を避けはしないだろうか。
日本の1次産業が、とても厳しい状況になってる。
それってわたしたちの食卓にものすごく影響がある。

食に関わる仕事をしてきたせいか、どうもそこにばかり目がいっちゃう。
ほかにも気になることはあるけれど…。
国内・国外からたくさんの援助の申し出があるけど、マーケットはシビアだなぁとか、
やっぱりガソリンってコントロールされてるんだなぁとか、
みずほ銀行のトラブルは裏があるんじゃないかなぁとか、
計画停電は細かく細かく制御されてるんだろうなぁとか、
妄想がふくらんでるだけなのだが…。

1次産業が滞ると、各地方に影響がでて、やがて日本がダメになっちゃう。
そんな気がしてならない。
TPPに参加することになるのかな。
そしたら、どうなるんだろう。
農業はどうなるんだ?
日本はどうなるんだ?

いろいろと考えていて、
消費者の「おいしい」っていう感覚には、
すでに「安全で安心できること」が条件に含まれてるんだなって気づいた。
「おいしい」は五感で味わうものと思ってた。そしてそれは健康につながると思ってた。
でも、そうね、それがどんなものでいかに安全であるかっていう「情報」もまた
五感で得るものなんだなぁ。
何が安全なんだろう?
どうやったらますますナーバスになる消費者と信頼関係を結んで、安心だと伝えられるかな?
わたしだって一消費者で、
あの人がああ言ったこう言った、で右へ左へ、簡単に動かされてしまう。
飛び込んできた情報に慌てたり、それによってたやすく信用を手放す。
誰が太鼓判を押してくれるんだ。
誰が信頼を保証してくれるんだ。
生産者も消費者も、抱えてる疑問は一緒かもしれない。

いくつかの畑を見て、農家さんの熱い想いをたくさん聞いたことがあるせいか、
考えれば考えるほど、深刻に思えてならない。

考えすぎだろうか。
案外と、騒ぎはすぐにおさまって尾をひかない、とか。
んなわけないな。
復興にだって相当の時間がかかる。
災害・事故で負った傷は深いし、浮き彫りになったたくさんの問題がある。
ほんとに、日本は大丈夫なのだろうか…。

同じことばかりつぶやいていてもしょうがないし、
日々の生活を送ることに一生懸命なひともたくさんいて、
今もほんとうにがんばっているひとたちがいて、
「がんばろう」というつぶやきや励ましが、ひっきりなしに聞こえていて、
その言葉は、確かにあちこちで心にそっと火をともしているから、
わたしも、今自分にできることを、丁寧に心をこめて、がんばろうと思う。

どうか、あまり深刻にならず、
難しい顔ばかりしていないで、明るく見つめられる未来でありますように。
欲を言えば、
人々に笑顔が広がる世の中でありますように。




考える。。。 [2011.03.24] 

なんだかいろいろと考えてしまう。
想像もしていなかった災害が、日本で起きた。
東京も揺れた。
まるで小学生の時に乗った地震体験車のようだ、なんて思った自分はつくづく阿呆だ。

TVに映し出される映像が、ここから数百キロしか離れていない土地なのだとは、信じがたい。
映画のセットのように、あらゆるものが濁流にのまれていく…。
わたしはテレビを通してみた。
ライブでは、どんなに、どんなに、恐怖だっただろう。
失われたものを、想像することなんてできない。
何が失われたのかを、考えることなんてできない。
悲しむことを受け入れられずに、呆然と立ちつくす人々の姿に、日本中が泣いた。

1日、1日と犠牲者の数がぐんぐんと0を追加させていく頃、強い強い風が吹いた。
それはそれは強く、強い悲しみを伝えるような風が吹いた。
泣けて泣けて、しょうがなかった。
なんで泣いてるの?と聞かれても答えようがなかった。
馬鹿みたいに。泣いたってしょうもないのに。
でも、きっとたくさんの人が同じように泣いている。
心を動かされることなど滅多にないあの人や、海の向こうのあの人も。
かなしみは伝わってる。
空気を、大気を通して。
人はこんな風に、感情を伝え、分け合うことができるんだ。
それは、生きてるからなんだね。
だから、支え合って、だから、生きていられるんだね。
そんな風に思って、ひとり納得し、気持ちを落ち着かせてる。



地震と、津波と、原発事故とで、日本は大大大ダメージだ。
大丈夫?大丈夫なのか?
海水にさらされた田畑、波にさらわれた漁港が復興するのに、どれほどかかるだろうか。
過敏な国民は、放射性物質をおそれて国産の食料を避けはしないだろうか。
日本の1次産業が、とても厳しい状況になってる。
それってわたしたちの食卓にものすごく影響がある。

食に関わる仕事をしてきたせいか、どうもそこにばかり目がいっちゃう。
ほかにも気になることはあるけれど…。
国内・国外からたくさんの援助の申し出があるけど、マーケットはシビアだなぁとか、
やっぱりガソリンってコントロールされてるんだなぁとか、
みずほ銀行のトラブルは裏があるんじゃないかなぁとか、
計画停電は細かく細かく制御されてるんだろうなぁとか、
妄想がふくらんでるだけなのだが…。

1次産業が滞ると、各地方に影響がでて、やがて日本がダメになっちゃう。
そんな気がしてならない。
TPPに参加することになるのかな。
そしたら、どうなるんだろう。
農業はどうなるんだ?
日本はどうなるんだ?

いろいろと考えていて、
消費者の「おいしい」っていう感覚には、
すでに「安全で安心できること」が条件に含まれてるんだなって気づいた。
「おいしい」は五感で味わうものと思ってた。そしてそれは健康につながると思ってた。
でも、そうね、それがどんなものでいかに安全であるかっていう「情報」もまた
五感で得るものなんだなぁ。
何が安全なんだろう?
どうやったらますますナーバスになる消費者と信頼関係を結んで、安心だと伝えられるかな?
わたしだって一消費者で、
あの人がああ言ったこう言った、で右へ左へ、簡単に動かされてしまう。
飛び込んできた情報に慌てたり、それによってたやすく信用を手放す。
誰が太鼓判を押してくれるんだ。
誰が信頼を保証してくれるんだ。
生産者も消費者も、抱えてる疑問は一緒かもしれない。

いくつかの畑を見て、農家さんの熱い想いをたくさん聞いたことがあるせいか、
考えれば考えるほど、深刻に思えてならない。

考えすぎだろうか。
案外と、騒ぎはすぐにおさまって尾をひかない、とか。
んなわけないな。
復興にだって相当の時間がかかる。
災害・事故で負った傷は深いし、浮き彫りになったたくさんの問題がある。
ほんとに、日本は大丈夫なのだろうか…。

同じことばかりつぶやいていてもしょうがないし、
日々の生活を送ることに一生懸命なひともたくさんいて、
今もほんとうにがんばっているひとたちがいて、
「がんばろう」というつぶやきや励ましが、ひっきりなしに聞こえていて、
その言葉は、確かにあちこちで心にそっと火をともしているから、
わたしも、今自分にできることを、丁寧に心をこめて、がんばろうと思う。

どうか、あまり深刻にならず、
難しい顔ばかりしていないで、明るく見つめられる未来でありますように。
欲を言えば、
人々に笑顔が広がる世の中でありますように。




| diary | 02:54 | comments(2) | -
スポンサーサイト [2013.08.11] C(0) 続きを読む 
スポンサーサイト [2013.08.11] 
| - | 02:54 | - | -
コメント
私も泣いてばっかりだったよ。
でもこれからは、その悲しい気持ちをエネルギーに変えて、震災の被害に遭われた方達のことを思いながら、「日本」に貢献できるよう、頑張りたいと思うよ!一緒にがんばろう!
| noko | 2011/03/24 4:55 AM |
みずほの件は、あんまり関連はないと思うけど、義捐金とかの振込みが集中したから?だっけ?
システム設計時に想定外の負荷がかかったんだろうけど、それにしても設計が悪いなーと思ってしまうね。

専門家からしたら、原発にも同じことが言えるのかもしれないけれど。。。
こちらは自然災害だからね、、、。
| takakox | 2011/03/24 12:34 PM |
コメントする










- Navigation -
qrcode