<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
* opening | macky♪worldにようこそ。
ここは現実の隙間に落っこちてる非現実の世界。夢と現をさまよう独り言を紡いでいます。
<< * again and again... | main | あれもこれも。 >>
スポンサーサイト [2013.08.11] C(0) 続きを読む 

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサーサイト [2013.08.11] 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
* opening [2007.12.10] C(0) 続きを読む 
あなたのことを 信じてない
なんてことはないけれど
どこか 鍵をかけてた サイゴの扉があった

「ぼくにとって きみは 唯一無二の存在」
そんな風に思われるのが怖くて
わざと距離をおいたり した

わたしには 価値がない
なんてことはおもわないけれど
わたしがわたしでいていい理由を さがしてた

「この世界で きみは 唯一無二の存在」
そんなことばをもらって はじめて
わたしは許された そんな気がした。

鍵がひらかれて やっと
ほんとうにタイセツなものが わかりました
あなたのことばも、ぬくもりも
ちゃんと届いてる 伝わってる

いとしく 輝く ひとつぶひとつぶが
わたしのココロに響いてく
あふれでるのは、もう涙だけじゃ ない
* opening [2007.12.10] 
あなたのことを 信じてない
なんてことはないけれど
どこか 鍵をかけてた サイゴの扉があった

「ぼくにとって きみは 唯一無二の存在」
そんな風に思われるのが怖くて
わざと距離をおいたり した

わたしには 価値がない
なんてことはおもわないけれど
わたしがわたしでいていい理由を さがしてた

「この世界で きみは 唯一無二の存在」
そんなことばをもらって はじめて
わたしは許された そんな気がした。

鍵がひらかれて やっと
ほんとうにタイセツなものが わかりました
あなたのことばも、ぬくもりも
ちゃんと届いてる 伝わってる

いとしく 輝く ひとつぶひとつぶが
わたしのココロに響いてく
あふれでるのは、もう涙だけじゃ ない
| text | 01:16 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト [2013.08.11] C(0) 続きを読む 
スポンサーサイト [2013.08.11] 
| - | 01:16 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mackyworld.jugem.jp/trackback/165
トラックバック

- Navigation -
qrcode