<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
インナービューティー。 | macky♪worldにようこそ。
ここは現実の隙間に落っこちてる非現実の世界。夢と現をさまよう独り言を紡いでいます。
<< * one wish | main | * passenger >>
スポンサーサイト [2013.08.11] C(0) 続きを読む 

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサーサイト [2013.08.11] 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
インナービューティー。 [2007.07.07] C(0) 続きを読む 
内面の美を磨くっ、ということで、インナービューティー講座というものに参加しました。
トクベツなことはとくにしません。
3ヶ月を目安に、いろんなひとと意見を交換しつつ自分を見つめる、ひとつのきっかけです。
わたしはイチバン、わたしがわかりません。
いろいろ考えるくせにね。
いろいろ考えちゃうからかな。
「なにか」ないと、行動することができません。
仕事やめちゃうと、ほかのひとと交流することがめっきりへっちゃうから、いろんなことに参加するのはいいかもなぁと思います☆

で。
インナービューティーって、ナニヨというはなしなのです。
ひとそれぞれのイメージとか定義とか、あるでしょう。
わたしはなんだろうって、ここ数日考えています。
内面の美。
ビューティホー。
ふむ。
わからん。

わたしのイメージだと、バレリーナっていうかんじ。
白鳥の湖。
プリマドンナ。
たぶん、「SWAN」っていうマンガの影響が、大。
しなやかな筋肉、しなやかな精神力。
大量の汗をかいて、すずしい顔でサイコウの笑顔をみせて演技する、バレリーナ。
なんかそういう「強さの美」に、惹かれるのかな。
いろんな「美」があるよね。
たおやかな美、はかなさの美、たくましさい美、神秘的な美、
ふむ。
一緒のようで、それぞれ違うのかな、すべて包括した美って、あるのかな。
修行すればいいってもんじゃないけど、なんとなく生きてたらとうていたどり着けない、
自分と向き合って、挫折して、のりこえて、のくり返しの中で光を増す「内面の美」に、惹かれるみたいです。
生きてるのに精一杯じゃなくって、精一杯生きてるからこその、美しさ。

そうでいて、自然の美がいちばん、きれいだなぁとも思う。
自然がみせてくれる景色のように、そのままでいて、計算しつくされているような。

でもなんだろう、人間って自然の中から生まれているのに、なんだかとても自然から遠いところにきてしまったような気がするんだ。
ほんとうはもっと簡単なはずなのに、
自然でいることが、いちばん、いちばんむずかしい。

そんな気がするんだ、最近。

あるがままの自分、いやな部分も、きたない部分も、つつみかくさず大事にするのは、わたしにはむずかしい。
ごまかして、ちょうじりをあわせようとして、それだけで毎日がすぎてくかんじだよ。

自分と向き合って、どんどん自然に還っていくこと、
それってなんとなく過ごしてたらたどりつけないんじゃないかなって思う。
100年生きて、わかるのかな。
死ぬ間際に、わかるのかな。
それでもいいのかもしれない、それでもいいんだろうな。
それまでに、つよさもやさしさも、かなしみもよろこびも、みにくい光もまばゆい光も、ぜんぶひっくるめた、びよんびよーんと弾力のあるインナービューティーを育てられたらいいなぁって思うなぁ。

とりあえず、この3ヶ月間インナービューティーの鍛え方を自分なりに模索するのと、まずは「つよさの美」を身にまとえるよう、がんばってみよぅ!!

ちょービューティホーおばあちゃんを、目指そう。
インナービューティー。 [2007.07.07] 
内面の美を磨くっ、ということで、インナービューティー講座というものに参加しました。
トクベツなことはとくにしません。
3ヶ月を目安に、いろんなひとと意見を交換しつつ自分を見つめる、ひとつのきっかけです。
わたしはイチバン、わたしがわかりません。
いろいろ考えるくせにね。
いろいろ考えちゃうからかな。
「なにか」ないと、行動することができません。
仕事やめちゃうと、ほかのひとと交流することがめっきりへっちゃうから、いろんなことに参加するのはいいかもなぁと思います☆

で。
インナービューティーって、ナニヨというはなしなのです。
ひとそれぞれのイメージとか定義とか、あるでしょう。
わたしはなんだろうって、ここ数日考えています。
内面の美。
ビューティホー。
ふむ。
わからん。

わたしのイメージだと、バレリーナっていうかんじ。
白鳥の湖。
プリマドンナ。
たぶん、「SWAN」っていうマンガの影響が、大。
しなやかな筋肉、しなやかな精神力。
大量の汗をかいて、すずしい顔でサイコウの笑顔をみせて演技する、バレリーナ。
なんかそういう「強さの美」に、惹かれるのかな。
いろんな「美」があるよね。
たおやかな美、はかなさの美、たくましさい美、神秘的な美、
ふむ。
一緒のようで、それぞれ違うのかな、すべて包括した美って、あるのかな。
修行すればいいってもんじゃないけど、なんとなく生きてたらとうていたどり着けない、
自分と向き合って、挫折して、のりこえて、のくり返しの中で光を増す「内面の美」に、惹かれるみたいです。
生きてるのに精一杯じゃなくって、精一杯生きてるからこその、美しさ。

そうでいて、自然の美がいちばん、きれいだなぁとも思う。
自然がみせてくれる景色のように、そのままでいて、計算しつくされているような。

でもなんだろう、人間って自然の中から生まれているのに、なんだかとても自然から遠いところにきてしまったような気がするんだ。
ほんとうはもっと簡単なはずなのに、
自然でいることが、いちばん、いちばんむずかしい。

そんな気がするんだ、最近。

あるがままの自分、いやな部分も、きたない部分も、つつみかくさず大事にするのは、わたしにはむずかしい。
ごまかして、ちょうじりをあわせようとして、それだけで毎日がすぎてくかんじだよ。

自分と向き合って、どんどん自然に還っていくこと、
それってなんとなく過ごしてたらたどりつけないんじゃないかなって思う。
100年生きて、わかるのかな。
死ぬ間際に、わかるのかな。
それでもいいのかもしれない、それでもいいんだろうな。
それまでに、つよさもやさしさも、かなしみもよろこびも、みにくい光もまばゆい光も、ぜんぶひっくるめた、びよんびよーんと弾力のあるインナービューティーを育てられたらいいなぁって思うなぁ。

とりあえず、この3ヶ月間インナービューティーの鍛え方を自分なりに模索するのと、まずは「つよさの美」を身にまとえるよう、がんばってみよぅ!!

ちょービューティホーおばあちゃんを、目指そう。
| diary | 01:53 | comments(0) | trackbacks(3)
スポンサーサイト [2013.08.11] C(0) 続きを読む 
スポンサーサイト [2013.08.11] 
| - | 01:53 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mackyworld.jugem.jp/trackback/143
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/07 3:52 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/07 4:27 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/07 5:13 AM |

- Navigation -
qrcode