<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
text | macky♪worldにようこそ。
ここは現実の隙間に落っこちてる非現実の世界。夢と現をさまよう独り言を紡いでいます。
スポンサーサイト [2013.08.11] C(0) 続きを読む 

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサーサイト [2013.08.11] 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
* story [2012.04.02] C(0) 続きを読む 

前へすすむために 必要なこと
望むこと

諦めきれない おもい

手放したもの

願い

祈り

散り散りになった希望


あなたが 望んだ未来
あなたが 望まなかった未来


すべて

あなたの手で
選び
紡ぎ

あなたの足で
前へ
前へ
すすむ



どんなことが起きても

あなた自身のために

ほかの誰かのために


















* story [2012.04.02] 

前へすすむために 必要なこと
望むこと

諦めきれない おもい

手放したもの

願い

祈り

散り散りになった希望


あなたが 望んだ未来
あなたが 望まなかった未来


すべて

あなたの手で
選び
紡ぎ

あなたの足で
前へ
前へ
すすむ



どんなことが起きても

あなた自身のために

ほかの誰かのために


















| text | 01:59 | comments(0) | -
* something there [2011.03.28] C(1) 続きを読む 

誰もが強いわけではないと 知った
弱いのは わたしだけではない

平静をよそおいながら 痛みや闇と闘っている
そして強くなりたいと 心から願ってる

なにが勇気になるのだろう

優しさ か

救いの手 か

仲間 か

信頼 か

暖かさ か

歌 か

笑顔 か

希望 か

愛 か


弱くてもだいじょうぶ

全部そこにある。
全部ここにある。


弱くてもだいじょうぶ






* something there [2011.03.28] 

誰もが強いわけではないと 知った
弱いのは わたしだけではない

平静をよそおいながら 痛みや闇と闘っている
そして強くなりたいと 心から願ってる

なにが勇気になるのだろう

優しさ か

救いの手 か

仲間 か

信頼 か

暖かさ か

歌 か

笑顔 か

希望 か

愛 か


弱くてもだいじょうぶ

全部そこにある。
全部ここにある。


弱くてもだいじょうぶ






| text | 01:39 | comments(1) | -
* regret [2010.10.16] C(2) 続きを読む 

眠る度に、夢をみるんです。
いろんな夢です。
いろんなひとが出てきます。

彼らは、何も語らない。
その表情からは、何も読みとれない。

同じ空間に居て、同じところに向かおうとして、
同じものを食べ、同じ景色を見ているのに、

隔たりを感じる。
見えないカベ。

何を思い、何を感じているのか。

聞きたい。
でも、聞けない。
言いたい。
でも、言えない。

列車は切り離され、それぞれ別の場所へ向かうのでしょう。
過去も夢も、現実から切り離して遠いところへ消えていけばいいのに。


どんなにおいしいものを食べても、
どんなにきれいな景色をみても、
どんなに感動する音を聞いても、

共にわかちあう人がいなければ、心に響いてこない。

そんな孤独を、眠るごとに感じる。



夢をみるのが怖いんです。



心残りをひとつずつ摘んでしまおう。



そしてどうか朝が来ますように。
明日もたくさんの笑顔に会えますように。
ひとつでも多く笑えますように。

* regret [2010.10.16] 

眠る度に、夢をみるんです。
いろんな夢です。
いろんなひとが出てきます。

彼らは、何も語らない。
その表情からは、何も読みとれない。

同じ空間に居て、同じところに向かおうとして、
同じものを食べ、同じ景色を見ているのに、

隔たりを感じる。
見えないカベ。

何を思い、何を感じているのか。

聞きたい。
でも、聞けない。
言いたい。
でも、言えない。

列車は切り離され、それぞれ別の場所へ向かうのでしょう。
過去も夢も、現実から切り離して遠いところへ消えていけばいいのに。


どんなにおいしいものを食べても、
どんなにきれいな景色をみても、
どんなに感動する音を聞いても、

共にわかちあう人がいなければ、心に響いてこない。

そんな孤独を、眠るごとに感じる。



夢をみるのが怖いんです。



心残りをひとつずつ摘んでしまおう。



そしてどうか朝が来ますように。
明日もたくさんの笑顔に会えますように。
ひとつでも多く笑えますように。

| text | 02:07 | comments(2) | -
* utopia [2010.04.05] C(0) 続きを読む 

荒野にひとり取り残された。
そこで愛を叫んで、いったい何になる?
水もないのに、花を咲かそうとしてるんだ。
何のために?
何のために 生きてる?

理由はなくて
奇跡が欲しいのじゃなくて

ただ、わたしの心は理想郷に還るから
どこにいても どんなときも
ただただ、そうするしかないんだ。

ばかげていて、
大人げなくて、

ひとりぼっちと途方にくれても

生きているから
ここに愛はあると 信じてるんだ。


* utopia [2010.04.05] 

荒野にひとり取り残された。
そこで愛を叫んで、いったい何になる?
水もないのに、花を咲かそうとしてるんだ。
何のために?
何のために 生きてる?

理由はなくて
奇跡が欲しいのじゃなくて

ただ、わたしの心は理想郷に還るから
どこにいても どんなときも
ただただ、そうするしかないんだ。

ばかげていて、
大人げなくて、

ひとりぼっちと途方にくれても

生きているから
ここに愛はあると 信じてるんだ。


| text | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0)
* smiling [2009.12.21] C(0) 続きを読む 
つきぬける青い空
雲ひとつなく ひろがる
ひろがる…

あたたかい日差しが 気持ちいいね
まぶしい
冷えたカラダを あたためてくれる

いつも 明るいほうを向いていよう
やさしい気持ちに なれるから

わたしが笑えば あなたも笑う

甘いにおい ただよう
冬に咲く ひまわり
* smiling [2009.12.21] 
つきぬける青い空
雲ひとつなく ひろがる
ひろがる…

あたたかい日差しが 気持ちいいね
まぶしい
冷えたカラダを あたためてくれる

いつも 明るいほうを向いていよう
やさしい気持ちに なれるから

わたしが笑えば あなたも笑う

甘いにおい ただよう
冬に咲く ひまわり
| text | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0)
* I know... [2009.12.06] C(0) 続きを読む 

愛するひとが
死んでしまって 二度とあえないこと
生きているのに 二度とあえないこと

どちらが つらいんだろう


愛するひとの未来が
死んでいるから 紡げないことと
生きているのに 見えないことと

どちらが つらいんだろう


つらさを知っているから

それ以上のつらさを 知らないから

わたしは「生きる」 ところに いるから


生きて 生きて 生きて

愛を 伝えて いくしかない


そんな気が した

* I know... [2009.12.06] 

愛するひとが
死んでしまって 二度とあえないこと
生きているのに 二度とあえないこと

どちらが つらいんだろう


愛するひとの未来が
死んでいるから 紡げないことと
生きているのに 見えないことと

どちらが つらいんだろう


つらさを知っているから

それ以上のつらさを 知らないから

わたしは「生きる」 ところに いるから


生きて 生きて 生きて

愛を 伝えて いくしかない


そんな気が した

| text | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0)
* soulful rain [2008.08.30] C(0) 続きを読む 
親に愛されているっていう記憶、実感って、
なんて大きな自信になるだろう。

そんなことを、ぴかぴかの稲妻と轟音と、雨を聴きながら、思った。

大きな手のひらで包まれてる感触。
おひさまをめいっぱいすった毛布のような感触。
透明な海のゆりかごでたゆたう感触。

いつくしむ。

そんな言葉がしとしとと、カラダの中にしみこんだ。
* soulful rain [2008.08.30] 
親に愛されているっていう記憶、実感って、
なんて大きな自信になるだろう。

そんなことを、ぴかぴかの稲妻と轟音と、雨を聴きながら、思った。

大きな手のひらで包まれてる感触。
おひさまをめいっぱいすった毛布のような感触。
透明な海のゆりかごでたゆたう感触。

いつくしむ。

そんな言葉がしとしとと、カラダの中にしみこんだ。
| text | 02:20 | comments(0) | trackbacks(0)

- Navigation -
qrcode